英語学習のモチベーションを上げる方法

このページでは、英語の学習意欲を高める方法をご紹介しています。

損失に注目するとモチベーションが上がる

行動経済学が教えるところによれば、人間は「利益」よりも「損失」にたいして敏感に反応するそうです。

利益を得るチャンスを追うよりも、損失を回避することに意識が向いてしまう。

モチベーションを引き出すためには、利益に注目するより、損失に注目する方が効果的です。

英語を勉強すれば何かを失う

英語の勉強に時間を使えば、その時間に他のことはできません。 他のことをする可能性を捨てたのです。

何かを選択した時点で多くのことを失っていると自覚すること。 それだけで、モチベーションは一気に上がってきます。

もし英語の勉強をしていなければ、その時間は何に使えたでしょうか。

  • 違うスキルの習得
  • 仕事の専門性を高める学習
  • 友人との交流
  • 家族との時間
  • 趣味に没頭する時間
  • 何もしない贅沢な時間

こういった可能性をすべて捨てて、英語の学習を選択したのです。

失ったことを意識すれば、ダラダラと英語を勉強する気になれません。真剣に勉強しないと大損失です

あらゆる選択肢の中から、今やることに「英語学習」を選んだのは自分自身。

多くのものを捨てたのだから、「絶対に成果を出す!」という覚悟が生まれてきます。



やる気になるのを待たずに勉強する

やる気になるのを待っていたら、行動できずにモンモンとしている時間が長くなります。 やる気があってもなくても勉強すること。

やる気というのは、勉強した後で沸きあがってくるものです。

「やる気」は勉強した後で発生する

行動するためには「やる気」が必要だと思い込んでしまうと、行動の前にやる気を手に入れなくてはなりません。

やる気がないから勉強できない。どうしたら「やる気」が手に入るのか。 そして、やる気を求めているうちに時間ばかり過ぎ去ってしまいます。

ここで発想の転換をしてみましょう。 行動するためには、やる気は必要ない。 やる気があってもなくても行動するようにします。

すると気づくのは、やる気というのは行動した後で発生するものだということです。

やる気 → 行動  (×)
行動  → やる気 (○)

人間の「やる気」というのは、脳の側坐核が刺激されて起きるそうです。 どうすれば側坐核を刺激できるかというと「作業興奮」だとされます。

つまり、やる気が出てから行動するのは間違いで、何らかの行動によってその行動の「やる気」が出てくる

行動する前にやる気が欲しくなるのは思い込みです。 やる気は、行動の後で出てくることを忘れないようにしましょう。

やる気がない日は復習が助けてくれる

人間ですから、勉強する気になれないこともあります。 それでも、とにかく始めるしかない。やる気というのは行動の後で出てきますので。

そこで、とにかく10分間勉強することを目指してはいかがでしょうか

10分でちょうど一区切りつくような、「始めやすい学習」を用意しておきましょう。

個人的なお勧めは、なんといっても前日の復習です。

復習には、「始めやすい」という特徴があります。 なんといっても、一度勉強したことを見直すだけですから。

はじめての英文を読んだりするのは、多少のストレスがあるかも知れません。 しかし、昨日読み終わった英文を見直すだけなら、さほどのストレスは感じません

復習というのは、やる気がわいてこないときでも取り組みやすくて、やる気をもたらしてくれる学習です。それでいて、学習効果も高い。

やる気があってもなくても、とにかく前日の学習内容を見直す。これをお勧めします。

勉強できることが幸せなことだと気付く

モチベーションを上げるコツとして、「今、幸せであることに気づく」というものがあります。

勉強を嫌々やっている人は、「勉強できることは幸せなこと」だと気づくことが大切です。 そうすれば、自発的に勉強するようになります。

勉強できる時代に生まれた幸福

10万年という人類の歴史の中で、勉強できるようになったのは最近です。

ほとんどの時代、学問に現(うつつ)を抜かしていられるのは、貴族階級といった一握りの人でした。

一般の大衆は、その日の糧を得るため、一生にわたって必死に働いてきたわけです。

勉強は富裕層の特権だったんですね。

現在でも、義務教育が普及していない貧しい国もあります。大人になっても勉強を続けられる国は多くありません。

勉強できない日常は、知的好奇心を満たすことができないし、将来の可能性も広がらない。砂を噛むような苦しい毎日に違いありません。

現在の日本は、本当に幸運なことに、誰でもその気になれば勉強できます

しかしながら、その幸運に気付いていない人が多い。 「勉強は嫌なこと」。そう考えている人がほとんどでしょう。

勉強できることが幸せなことだと気付けば、毎日心から感謝しつつ勉強に集中できるはずです。

世界の変化に適応するとモチベーションが上がる

モチベーションの高い人々は、個人の利益と世界の変化をリンクさせています。

自分にとってのメリットと世界の大きな動きをつなげて考える。 そうすることでモチベーションが何倍にもなります。

自身の欲望はコントロールできるが環境はコントロールできない

自分自身の利益を望んでみても、モチベーションはたいして上がりません。

なぜなら、夢は諦められるし、欲望は減らせるからです。 モチベーションなんて、すぐに消し飛びます。

特に、現代は満ち足りた時代です。 子供の頃の貧しさを怨念に変えて頑張るような、そういうモチベーションの持ち方は少数派でしょう。

歳とともに、欲望が減っていく面は無視できません。 見栄、名誉欲、物欲、承認欲求も、若いときとは比べ物にならないくらい減っていく。

ですから、自分自身のことだけ考えていると、ぜったいにモチベーションは維持できません。欲望が維持できないからです

しかし、世界の中の大きな変化は、ものすごいリアルに差し迫ってきます。 世界の変化を肌で感じると、動かずにはいられない。

これは環境に適応しよう(生き残ろう)という生物の本能です。 自身のことより、世界の動きを感じたほうが、モチベーションは上がるようです。

英語を学ぶ理由を世界の変化とリンクさせる

英語を学ぶ目的として、誰もが自分自身のメリットを考えているはずです。 上記で書いたように、それだけではモチベーションは維持できません。

世界の変化を結びつけてみましょう。

たとえば、英語を学んでいるビジネスマンの方の場合。

英語力があれば、会社で昇進しやすい。だから英語を学んでおこう。

これは自身のキャリアアップです。 これだけではモチベーションとして弱い。

以下も加えて、見てはいかがでしょうか。

会社はこれから海外市場が主戦場になる。英語ができなければ仕事がなくなりリストラ候補になる。

会社の経営環境の変化と自身の立場がリンクされています。 より大きな視点で英語を学ぶことができます。

さらに以下を加える。

グローバル化により日本は海外との競争が熾烈になる。英語を駆使できる人材がもっと必要だ。

自分の勤める会社だけでなく、日本経済や国際情勢の先行きとリンクができています。 時代の変化によって、英語力が学ぶ意義が明白になっています。

これは大雑把な一例ですが、いずれにしても自身のメリットと世界の変化を結びつけてみると、途端にモチベーションは何倍にもなります。

「欲望を減らす」という自身の調整ができないからです。

「欲望」と「時代の変化への適応」をリンクさせれば、鬼に金棒です。

ページを飛ばしてもいいから計画通り終了する

次に、学習計画とモチベーションの関係について解説します。

モチベーションを維持したいなら、計画通りにいかないからといって遅延しないこと。ここがコツになります。

できない日のページを飛ばして、終了日を合わせてしまうことです。

締め切りを一度伸ばすと際限なく伸びる

何事も計画通りには進みません。

1日2ページ、90日で1つの教材を終える。 そんな学習計画を立てたとしましょう。

しかし、計画通りに進まないものです。 急用や病気などで勉強できない日が発生する。 2ページ進むつもりが1ページしか進まなかった。

その場合、みなさんはどうしていますか?

多くの人は、終了日を後方にずらすのではないでしょうか。

勉強できない日が10日間発生したなら、終了日を90日後ではなく100日後にするとか。

しかし、これは避けた方がいいようです。

終了日を伸ばしてしまうと、際限なく後方にずれていきます

100日後、200日後、900日後と、伸ばせる日にちに限度はありません。

せっかく90日後に終了すると計画を立てたのに、計画自体に意味がなくなってしまいます。

教材に穴があればモチベーションが上がる

そこで、たとえ学習していないページがあってもいいから、1日2ページの決まり通りに進んでしまうのです。

  • 勉強できなかった日があったら、その2ページは飛ばす。
  • 10日間勉強できないなら、20ページ分の穴があるようにする。
  • 1日1ページしかできなかったら、残りの1ページは飛ばす。

こうすると、ページに穴はできますが、とりあえず90日後には最後のページにたどり着きます。

ここが重要で、最後のページにたどり着くと充実感が発生するのです。

すると、途中のやっていないページも学習する気になります。

最初から律儀にページをこなしていくと、勉強できない日が発生する毎に進度が遅くなります。 するとモチベーションが低下してしまうのです。

「いつになったら終わるのだろう」という不毛感が出てきます。

たとえ穴があるにせよ計画通りに進んでいると、モチベーションがずっと維持できます。

人間は、まったく白紙から何かをするのはストレスを感じます。 しかし、ほとんどが埋まっていて、一部の穴になっている部分を埋めるのは、不思議とやる気になったりするものです。

完成が見えていて、もう少しで完成という状態になっていると、やり抜きたくなるんですね。 英語教材の8割は終わっていて、残り2割の穴がある。 そういう状態のときは、2割分のページをさっさと勉強したくなるものです。

ただし、注意点。 このやり方は、ページを飛ばしても問題のない教材のときだけ通用します。 最初から順番に勉強することが前提になっている教材は無理です。

英語の教材は、ほとんどが飛ばしても問題ないと思います。

スポンサーリンク

フォローする